旧 日々、菩薩の道
 
<< 輩 | main | プロ野球キャンプの恩恵 >>
猫寺−祐天寺庵
0
    猫寺を開けてから1年以上経過した。この間にどんどん猫の時代がやってきた。そもそも、私は猫アレルギーだったのだが、猫寺を始めてから猫アレルギーが治ってしまった。

    しかし、猫アレルギーだった私がなぜ猫寺をやったか?それは時代だからである。これからは、猫に象徴される時代となっていくのだ。

    猫は古来エジプトの時代より神聖視されてきた。人間に一番近い霊的動物として、人間のそばに存在していた。映画「コンスタンティン」でも、猫の目から霊界に入っていく。

    ちなみに沖縄に猫の文化というものがあり、そこでもやはり猫が象徴するものは霊なのだ。

    大体、猫はよく何もいない空間を見つめていることがある。霊が見えるのだろう。何を見てるのかなと不審に思った飼い主は多いに違いない。

    また、よく猫と女性は似ているいう言い方もする。自由気ままで、媚びない様子のほかに、霊感が鋭いという意味もある。

    これからは、「霊と女性の時代」なのである。もう時代は、予想を越えたスピードでまっしぐらに進んでいる。

    以前に、20世紀は攻めの時代、21世紀は守りの時代といったが、守るのは女性が得意分野であるのは疑いもない。

    こうしたテーマのほかに、猫寺では修行も行っている。沖縄で修業した方が、更に深めるために修行しているのだ。仏像を彫ったり、絵を描いたり、写経をしたりと幅広い。ちなみに、猫寺での仏像作りの修業を入れたあたりから仏像ブームがやって来た。それまでは仏像描く人がいた程度だった。ほとんどの人が猫寺で仏像彫りは初めてだった。

    猫寺ではアート的な修業が中心だが、こうして真剣で神聖な空気を維持するようにしているからこそ、ここでは普段と違う深い話をすることができる。

    私は、深く内面の話や時代の話をしたいときは、ここで会うようにしている。ここでなら、お互いに心の壁が取り払われ、余計な説明が少なくて済むのだ。

    多くの著名人が猫寺を訪れている。それもあって、猫寺は完全予約制として運営しているのだ。完璧にプライバシーは守られる。ここは現代の志士が集まる、池田屋・寺田屋のようなものなのだ。ビットバレーの時の同様に、やはり自分自身は魂が来るべき時代を受け取り、未来に橋を架け続けたいと思う。
    【2009.12.21 Monday 06:12】 author : oz
    | 知恵 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    菩薩日記が凄いと評判を耳にしてから最近は毎日ブログを拝見させていただいております。経済、社会、精神、魂、時代、コミュニケーション、様々なジャンルの事柄を尾関流に捉え独自の言葉に変えて発信する力に毎回感激しております。 猫寺は以前から気になっておりましたので年内に必ず来寺させていただきます。
    猫寺のような場所があり、尾関さんの世界が創られているのだと、妙に納得いたしました。

    もっと尾関さんの背景についてを教えて頂きたいです。

    よろしくお願い致します。
    | 澤田 | 2009/12/22 12:19 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://ozeki.fa-fa.com/trackback/1300748
    トラックバック