旧 日々、菩薩の道
 
<< 死んだら現実 | main | 因縁の戦い >>
ベトナムの可能性
0
    北朝鮮のデノミとドバイの崩壊」でも書いたとおり、世界の大投資家は、ドバイのような堅実で花形の場所に投資もすれば、北朝鮮のような超ハイリスクハイリターンの場所にも投資をしている。

    そして、ベトナムも社会的には閉じられた国(社会主義国)であり、これから発展することがわかっている国で、投資も集まっている。

    以前ホーチミン市の7区と呼ばれる開発地帯を視察してきた。高級住宅街や最新の近代建築ビルなど、最新鋭の開発がされている場所だ。道路も片道7車線という。渡るだけで一分以上かかりそうだ。さらに遊園地のようなものまで作られている。

    ホーチミン市の1区(中心)周辺では、まったく言っていいほど、観光地やデートスポットなどのエンターテイメントが無いのである。観光するにしても、3日も周ればもう行く場所に困るほどだ。

    ホーチンミンシティで生活している市民はどこで遊んでいるのだろう、と不思議になる。もちろんベトナムにもカップルはいて、友達グループ、家族グループがいる。また意識の高い人間もたくさんいる。

    だからこそ、彼らのエネルギーの行き場所がないのだ。有り余っている。ベトナム人が持っているエネルギーを有効活用する提案をできればと考えている。

    沖縄プロジェクトの一環として、我々はクーピーアートをベトナムでもおこなっている。ベトナム人のエネルギーを、良い方向に導いてあげたい。そのために、クーピーアートは最高の活動である。

    発展途上のときから、こういった助け合いの精神、福祉の精神を持つことは、国をより良くするのに必要不可欠である。日本のように、お金だけに走ってしまう人が増えてくると、ろくなことがない。

    ベトナムは社会主義国であるため、NPOという団体の概念がない。しかし、その意味や本質は伝えることができる。ベトナムの人のなかにも、その本質を理解し、「これからのベトナムには絶対に必要だ!」と頑張ってくれる人が増えてきた。

    ベトナムでは、「集合罪」と呼ばれる法律があって、人が集まって活動することに制限がある。下手すれば掴まることも十分あり得る。革命で出来た政権なので、革命につながる動きに敏感だ。

    しかし、クーピーは大義ある活動であるため、むしろ捕まえる側の公安(日本でいう警察)の人間ですら、今では一緒に応援してくれるのだ。最初は大変だったが。

    今後はさらに沖縄とベトナムの連携が強くなっていく。

    イメージとしては、今まで沖縄、東京でやってきたジョイント、またクーピー、猫寺、バースなどが入口となり、未だ東京で彷徨っている経営者や資産家、そして意識の高い若者たちが、沖縄をハブとして、ベトナム、そしてその先の世界に繋がっていくことになるであろう。

    先日、新たなランドラッシュのことがNHKで放映されていた。世界中で農地争奪戦が進められている。その中でもベトナムは大農業国で注目されている。しかし、社会主義国故に一筋縄ではいかない。

    我々のように、利益だけでなく、社会をよくする運動をまず行ってから入るやり方が結局はうまくいくだろう。展開の仕方も新しいやり方で、時代の先駆けなのだ。

    興味ある若者はどんどん参加してほしい!

    【2010.02.18 Thursday 00:01】 author : oz
    | ベトナム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://ozeki.fa-fa.com/trackback/1323827
    トラックバック