旧 日々、菩薩の道
 
<< 国は崩壊しコロニーが生まれる | main | 時代 >>
自然界の法則
0
    ここでいう「自然界」とは、山や海などという、いわゆる「自然」的な生態系の話ではなく、この世の全ての事象を含めた世界のことである。人間や人間が作り出したモノも自然の一部だ。

    普通の世界であろうと、特別な世界であろうと、「物事」というモノは、上手にそれを活用できなかったり、持っている人の器に相応しくなかったり、何かが矛盾していたり、それらを活性化できなかったら、結局淘汰され、なくなってしまう。

    そして、その「物事」は、巡り巡って相応しい人に渡るようになっている。それが自然界の法則だ。以前江戸城の話をしたのを覚えているだろうか?

    例えば、会社もそうだし、建築物や芸術品などもそうである。個人的資産を例にとってみるとわかりやすい。

    個人で資産を所有する人々は、常に「相続税」を気にしている。そして、相続税を取られないように、税金対策に奔走するのである。今ごろ、4月から法律変更ということで、資産相続に大慌てだろう。

    しかし、相続税とは「自分の資産を世の為、人の為、社会の為に使うことが出来なかった個人に対するペナルティ」なのである。

    つまり、相続税を取られるような人、もしくは相続税対策に奔走している人は、その資産を持つに値しない、その器がない、ということを意味しているだ。

    だから、国に没収され、資産を失う。なんとか相続税対策を立て、没収されなかったとしても、その器がないのだから、結局はその資産はあらゆる形で失われ、それを所有するに値する人物のもとへ渡っていく。それが「自然界の法則」である。

    だが、普通の世界では、科学で証明できていない法則は一般的には受け入れられないので、自然界の法則は無視されている、もしくは認識されていない。

    特別な世界では、その法則があるものとして思考、行動するため、科学を超えた理屈では説明できない出来事が当たり前のように起こるのである。

    普通の「物事」は淘汰される。しかし、念は一生残る。人間が本気で込めた念は、実際の物質である。

    私が人生で最も尊敬する方の特別室を見せてもらったことがあるが、そこには国宝レベルの陶器や芸術品が置かれている。

    それらがなぜ今まで割れていないのか?
    2000年前に創られたガラスや陶器がなぜ残っているのか?

    2000年前のモノが、2000年間何もなかったのか?
    いや、戦争も、盗難も、災害も、何もかも経験し、それでもなお壊れていない。

    それは何なのか?価値がわかる相応しい人たちに、相応しい場所に置かれて次々とリレーされてきたから残っているのだ。

    またそこに込められた念という物質の影響もある。念が込められているので不思議と守られているだけなのである。そして、その念を持てる器のある人物に自然と渡るようになっている。

    私が現在創っている特別な世界は物理法則をも超えている。信じるか、信じないかは踏み入れたものしかわからない。

    【2010.03.08 Monday 23:23】 author : oz
    | 知恵 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    物理法則を超えるということは、理解しがたいのだけど・・・ 自分の身近なところで言うと、うちの家は、木の門できていて一度、修理しました。
    でも、一部、修理前の板を使っているのです。その板だけが古いから、見た目滑稽なのですが・・・
    親に頼まれている訳ではないのですが、その板は引き継がないといけないような気がするのです。          これが私が身近に感じる、念だと思う。     
    | しょう | 2010/03/10 6:24 PM |
    尾関さんはいつもブログで誰かと戦っていて、誰かに訴えているように感じられますがいつも怒りながらブログを書かれていませんよね?今日は奥様がTVで二人目がほしいとおっしゃっていました。私も最近二人目ほしいと思っていますので奥様のお気持ちがよく分かります。奥様勉強も頑張っているようですね。家族は癒されますね・・・(笑)
    | オードリーヘプバーン大好き主婦 | 2010/03/09 6:10 PM |
    なんだか、日本の一般庶民(てか私)にとっての常識が
    「自分の頭で考えても、頑張っても無駄」→「そこそこ適当に与えられたものとかを頑張れば、まぁ大丈夫。世間の言うことを鵜呑みにしてれば平和。」→「自分で考えて、本気で頑張らないと淘汰される??」
    っていう風に動いているのかな?と感じました。
    もちろん、今ある暮らしは、気が遠くなるほどの人数の方達の、果てしない苦労や努力の上にあるので、こういう言い方はある意味とても傲慢なのかもしれませんが…。

    ただ、自分の本質に迫る努力の必要性は、猛スピードで高まっていると、オゼキさんは伝えてくれてる気がして。
    今まで私たち一般庶民の代わりに考えたり統制していた、絶対的にも見えた「国家」というものすら危うくなっている。
    もう、他人や権威や大組織に依存する思考は役に立たなくなってきているのでしょうか。
    その一方で、ホンモノは何があっても残るし、然るべきところに相応の豊かさは巡ってくる。という法則がどんどん顕在化してきてる…?
    …こう考えると、どんどん健全?な世の中に向かっているのかな〜、と考えるのはロマンチックすぎでしょーか^_^;

    現実的には、どんどん厳しくなっているけど、肉が焼けて灰になって、骨だけになった後も残る「何か」の成長にとっては最高の環境って言えるのでしょうか(笑)。
    気合い入れて生きなきゃなー!と、思いました。

    物理法則を超えた特別な世界ってなんだろう??気になります…!
    | miho | 2010/03/09 4:10 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://ozeki.fa-fa.com/trackback/1330853
    トラックバック