旧 日々、菩薩の道
 
<< 原点 | main | ヘルタースケルター >>
本気とはなにか?
0
    今の日本では、本気になりもしないで、諦めてしまう人が多すぎる。あなたは今までの人生、一度でも本気になったことがあるだろうか?


    この世の中は、本当に本気になればできないことなど何もない。


    例えば、あなたが映画を創りたい!と思ったとする。しかし、創りたいと思ってもあなたは途中で諦める。諦める自分を認めたくなくて、諦めるための理由を必死で探すようになる。


    そうはいっても自分はそんな能力を持ってない。
    そうはいっても自分は映画を作るようなお金をもってない。
    そうはいっても仕事があるから、そんなこと考える時間は無い。
    そうはいっても家族がいるから、自分勝手には動けない。
    そうはいっても親にそんな夢のようなことできるわけないと馬鹿にされるから。


    すべて情けない自分を認めたくないための、言い訳でしかない。本気ではないのだ。


    では「本気」とはなんなのか?自分の人生すべてを「賭ける」ことである。それしかできないように自分をまず追い込むことだ。背水の陣だ。それをしないと、「死んでしまう」状況に自分の身を投げ込むことだ。


    例えば、先ほどの「映画を創りたい!」という目標があるのであれば、全てを賭けてそれを創るためだけに生きることだ。

    それが成功するかどうかは問題ではない。とことんやれば、どんな結果になっても魂は満足する。人生の最後で、
    「ああ、おれは映画を創りたかったのになぁ」と後悔したくなければ、どんなものでもいいから、作ってみればいいのだ。

    人間死ぬ気になれば、大抵のことはできる。会社も辞めて、生活費もなくなり自分は「死んでしまう」状況になれば、人間は本気になる。そして、本当にやりたいのかどうかもわかる。

    自分にとって、何が必要で、何が必要ないか。切羽詰まれば自然と判明する。

    この世の中で何かしら意義あるものは、そういった本気の人間たちが、生き死にを賭けて作り上げてきたものばかりだ。魂が込められたものだけが時間の重みに耐えていく。

    必死になれば、どんな道も開けてくる。

    映画を創るために投資家と知り合う機会が欲しい人は、機会を本気で作れば良い。「そんな機会は簡単にないだろう」と思っている人は、単にアンテナを張っていないだけだ。本気になれば、そんな話はどこにでも転がっている。本気でないから、その機会に気付いていないだけだ。

    本気になれば、不思議とシンクロが起き、すべてがその方向に動いていく。これは「自然界の法則」でもある。

    今、あなたがあなたの人生に満足していないのは、ただ単にあなたが「本気」ではないからだ。本当にそれだけだ。


    一つでも言い訳をするであれば、それは本気ではない。言い訳をするのもよいだろう。ただ、一生そのまま言い訳を続けるだけだ。


    しかし、本気になるのは簡単ではない。そこには、人間としてどうしようもない自我が存在し、それが邪魔をする。沖縄的にいえば、霊が邪魔をする、ということだ。

    本気で求めていれば、背水の陣を取ることによって、それすらも越えられるのだが、大抵の人はそこまでの選択をいきなりできないであろう。

    一歩ずつ本気になる方法もある。邪魔をする霊に気付き、徐々に取り除くきっかけとなるのがジョイントである。だから、「本気でこうなりたい!」と思っているが、現時点でまだ本気になれていない人はジョイントを受けてみるのも良い。それが全ての始まりになるはずである。

    ジョイントをきっかけに、過去も現在も未来も全てが繋がっていることに気付く。そして、「本気になりたい」と思っていた自分すらをも超越した自分を発見することになる。

    本気ということを知った人にだけに与えられるご褒美である。

    【2010.05.21 Friday 05:38】 author : oz
    | 徒然なるままに | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    凄くやる気が出てきました!でも後先考えるのも大事!プラス思考でコツコツ頑張っていこうそんな気持ちになれました。
    | るんるん | 2014/01/16 6:01 PM |
    まさに今、映画作成中です☆
    やってて楽しいです。

    やる中で他人の苦労がよくわかります。
    一見、楽そうに生きている人でも、それぞれが背負っているものがあるのだと、役に教えてもらえました。

    王であろうとも、結婚していようとも、シャイな文学青年だろうともみな、同じ人間で、人生の前には平等でした。

    ドストエフスキーも同じことを伝えたかったのだと、死ぬまでの時間は削られていきますが、またひとつ、いい思い出ができました。

    次は、多くの人にこの喜びを知ってもらうことが仕事です。
    | じむ | 2012/11/28 1:20 AM |
    住谷さん

    経済的に追い込まれても、精神が逃げていれば本気にはなれません。本当にやりたいことでないから真剣になれず、本気になれないのではないでしょうか。

    まずは自分を知ることが大事ですね。
    本気の人間は少ないです。真剣に本気になることを求めれば道は開けます。そこまで思えないのが大半です。
    本気と感じられないと言われた原因はなんだろうか?自分に質問して深めてください。そこからヒントがあります。
    | oz | 2012/02/09 11:37 PM |
    自宅サロンをしています。2人の人から本気が感じられないと言われました。
    私は、家賃も払えず、公共料金も払えず、携帯電話は停められました。
    任意整理をしたので、お金は借りられません。
    仕方ないので、フルタイムの仕事に就きました。
    仕事についたので、親に家賃代と仕事に行く交通費分くらいを借金しました。
    何が本気なのか解りません。
    睡眠時間3時間とかで、ガンバレば良いんですか?
    それが本気なんですか?
    教えて欲しいです。
    | 住谷香律 | 2012/02/09 8:07 PM |
    激しく影響を受けました

    ありがとうございます

    kiya
    | kiya | 2010/05/23 11:28 AM |
    すいません!下のコメント長すぎました…。
    これじゃ私のブログですね!!!
    失礼しました(-_-;)両方削除してもらってかまいません〜
    | miho | 2010/05/22 2:00 AM |
    この世の中で何かしら意義あるものは、そういった本気の人間たちが、
    生き死にを賭けて作り上げてきたものばかりだ

    心に突き刺さりました。

    普通の人がやらないような頑張りをし過ぎて、とことんまで自分を
    追い詰めると、感受性とか考えが深まりすぎちゃって、ほんとは
    見えなくていいものまで見えちゃって、普通の人には理解されない
    ものばかり抱えてしまう。
    そういうのが本当に嫌で、知らないふり、見えないふりして、一生懸命
    おばかさんのフリして、普通になろうとしてました。

    こういう生き方をしていても、それなりに手ごたえや充実感はあるし、
    ちゃんと忙しい…でも、何か引っかかる。
    その理由がこの一言で分かりました…。

    本気で生きることは、世界に貢献することに直結してるんだなぁ…。

    私の昔の失敗は、「本気でやったこと」が原因ではなく、
    私自身の問題なんですね。きっと。
    というか、色んな事を過去のせいにしすぎていました。
    それこそ言い訳ですね。
    もう一度、ちゃんと自分と向き合いたいです。

    無理に普通の世界と折り合いをつけようとするのではなく、
    迷いや欲を捨てて、何が「本当に」自分を快適にするのかを
    シャープに考えたいです…。

    ちなみに、キングコングタイプではなく、スーパーマンタイプのほうが
    平和で好きです。(選べるものならば)
    | miho | 2010/05/22 1:56 AM |
    SPYSEE「http://spysee.jp/%E7%99%BE%E6%9E%9D%E4%B8%80%E5%AE%9F/1222525/」というサイトの自分のページで、なぜか尾関茂雄さんと繋がっていたので、きっとこれも何かご縁があるのかもしれないと、こちらに来させていただきました。本気と自然界の法則、同感です。これをご縁に、ブログ読ませていただこうと思いました。よろしくお願いします。
    | 百枝一実 | 2010/05/21 2:00 PM |
    お早うございます!
    いつも、気付きをありがとうございます。
    朝読んで、不覚にも自然に涙してしまいました。。。
    いつもありがとうございます。
    | mamemin | 2010/05/21 9:13 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://ozeki.fa-fa.com/trackback/1354856
    トラックバック