旧 日々、菩薩の道
 
<< 研究と実践の違い | main | 太郎の背景 >>
「魔法少女まどか☆マギカ」にみる不変の法則の仕組み
0
    「 魔法少女まどか☆マギカ」というアニメについて解説して欲しいという要望があったので、サラッと見てみた。なるほど、これは如来と菩薩のハタラキを説明するのに良い教材だ。

    ヒットするものには裏がある。そこには不変の法則が組み込まれている。その法則を知るのが如来だ。時代は変わり表現方法が変わったとしても、法則は時代を越える。そして、菩薩は如来からの信号を一つ受けたとすると、そこから何倍にも広げて意味を理解し、それを時代に適した表現にして伝えていく。如来と菩薩のタッグは最強だ。このコンビは確実に時代を創っていく。そうでなければ、ただ時代魂があって、たまたまその時だけヒットしたという一発屋になる。この製作者には如来がついているのか、はたまた時代魂なのか、菩薩なのかは、この先の結果でみえてくる。ここでは敢えて触れない。

    ちなみに、菩薩でも時代魂がないと、なかなか実践する場がなくて苦労する。だから真菩薩と呼ばれる菩薩の周りに菩薩が集まるのだ。そして、時代魂だけでもいずれ失墜する。そういう法則なのだ。

    アニメの世界に限らず、小説でも映画でも、登場する人物の精神的葛藤は、普通の人なら一生あるかないかのことが濃縮しておきる。普段なら有り得ないことを濃密に短時間に体験するから、物語は成り立つ。現実世界においても、それに近い体験ができるのが如来、菩薩である。以前、菩薩は生き様の強烈バージョンと書いたことだ。人より濃い体験をするからこそ、辛さも喜びも人一倍の苦悩と歓喜になる。大衆は大きな感情の波を求めている。命のエッセンスを欲している。精神が試される体験をしたいのだ。表面意識では嫌がりながらも、本当は濃い人生を望んでいるのだ。だからこうした作品にハマるのだ。

    本作品も法則通り。如来的要素を持つインキュベーターという知的生命体が解説して見せたように、時代を変えたり、創ってきたのは魔法少女、それはつまり菩薩だ。菩薩は表に出て働きかけるが、如来はあくまでも陰の存在だ。如来の働きは、大衆に知られることがない。たとえ知ったとしても、そんな話は大衆の常識外のことだから信じられない。例えば、インキュベーターのことをクラスメイトに話すようなものだ。

    インキュベーターは魔法少女たちに、よく状況を解説してくれていた。その視点は小さな因縁を超えた、不変の法則から見た視点だから、普通には理解しにくい。しかし真理とはそのようなものだ。小さい世界にハマっていると大きい世界から見た世界が理解できないのだ。

    魔法というと、対象物そのものを変えることを想像するが、本当の魔法は、視点を変えることだ。今までの概念から解き放たれるとするならば、魔法を解除したということだ。新たな概念を入魂することは魔法をかけるということだ。特別な世界の人間は、特別な世界の魔法にかかっているようなものなのだ。だから現実をみてしまうと、特別な魔法は解けてしまう。ジョイントは、普通の世界という魔法を解くことから始まるのだ。

    インキュベーター(如来)は、善悪を超えていた。そして、自分にできることに徹し、自分では直接社会と関わることができないことを知っているからこそ、菩薩(魔法少女)を必要としていた。如来と菩薩のタッグを組もうとする。お互いに必要なのだ。

    如来はときおり、変化を加速させる。それを表現しているのが、インキュベーターが仕掛けて、きょうこがさやかを救おうと行動したことだ。結果、きょうこ本人にとっては死を迎えることとなり、ほむらにしてもワルプルギスの夜という最終決戦での貴重な戦力を失った。危うく、まどかも魔法少女になるところだったが、間一髪で逃れている。この間一髪が肝だ。ギリギリのところで救われるようになっている。それを救ったのがほむら。これも意味がある。

    そしてここが大事なところだが、結果だけを見ると、誰も報われていない。しかし、その加速がなければ、危機に直面し進化することが遅くなっただろう。ほむらしか魔法少女がいないという状況が、まどかの内面の葛藤には必要だったし、そのままワルプルギスの夜を迎えていたら、きょうこの存在が少しだけ厄介だ。最後はほむらもきょうこも負けるにしても、その経過はまた違った意味となるし、加速しないときと比べたらクライマックスへの時間が余計にかかる。

    それぞれにとって、一番魂の学びがあるのは、あのタイミングで如来が加速させた時しかなかったのだ。が、しかしここで一つの法則を忘れてはならない。きょうこは菩薩の道をそれていた。まだ完全に外れてはいなかったが、輩(やから)に近かった。つまり、菩薩でないものが如来の信号を受けると、結果(成果)にならないという法則だ。だから誰も報われなかったのだ。しかし、如来のパワーはすごいから、今までのきょうこなら絶対にしないような、自己犠牲の賭けにでてしまったのだ。そうした決断をさせてしまうパワーが如来にはある。ありえないことが起きてしまうのだ。そしてそのパワーは伝播して、まどかをも巻き込んだ。第三者への波及効果もすごいのだ。しかし、菩薩を経ないで伝わった如来パワーは、一見すごいことが起きるが、結果は何も産まないことになる法則だ。

    逆に、菩薩が如来のパワーを受ければ、どんなことでも実現していく。それが最後のシーンで表されている。先を急ぎ過ぎた、少し話を戻そう。

    魔法少女が魔女になることは、天使が堕天使になることと同じだ。善意や正しさに拘るあまり執着が生まれ、ダークサイドに落ちていく。菩薩からテロリストへと変わるものは多い。以前、三島由紀夫のことを書いたが覚えているだろうか?その象徴が、さやかだ。このまま続けていたら、きょうこもそうなるところだった。そうなる前に今世を終わらせてあげたとも言える。如来の愛は深い。余計なカルマを積ませないために、きょうこの今世を終わらせてあげたともいえよう。普通の概念では理解できない世界だ。

    きょうこもさやかも最初は、人を救いたいという菩薩心でスタートした。それがやがて堕ちていく。ほんの些細なキッカケや試練から、自己欺瞞が始り、人の意見を聞き入れなくなり、独善へとなっていく。菩薩は光も闇も、極端な形としてわかりやすく見せるのが仕事だ。いろんな菩薩がいる。きょうこたちのように、本人が自覚していない場合も多々ある。

    菩薩の道は簡単ではない。魔法少女(菩薩)として普通ではできない体験もできる一方で、常に死と隣り合わせでリスクも高い。死ぬかもしれないという恐怖を常に抱えていたお陰で謙虚に菩薩として歩んでいたが、ほんの些細な油断で死んでしまったマミ。いくら今まで頑張ってやってきたからといって、容赦はない。仲間が増えるというチャンスこそピンチだったのだ。嬉しい時こそ、気を引き締めなければならない。またマミは、選択の余地がなく菩薩の修行をさせられていた。そういう人生もある。

    このアニメの世界においては、まどかによる暁見ほむらへの因縁付けがなければ、この結末は迎えなかった。その因縁を受けてほむらが、時間を戻して何度もまどかを救おうとした。逆にほむらがまどかに因縁付けをすればするほど、まどかの魔法少女としてのポテンシャルは高まった。まどかが大天使だとすると、ほむらはサタンとしての役を引き受け、寂しさや切なさを受け入れて孤独に戦っていた。この二人だけは、世界が変わったとしてもお互いを覚えている。特別な関係だ。それはなぜか?あとで触れよう。

    話はそれるが、暁見ほむらの名前が面白い。暁は、あかつきといい、夜明け前を示している。暁の明星といえば、金星である。金星はビーナスともルシファーとも呼ばれている。マニアック過ぎた。興味ある人は調べてみたらいい。

    最後の最後まで、まどかは特別な力があるわけではない普通の子であった。時間が戻る前は魔法少女として頑張っていたとはいえ、どちらかというと暁見ほむらのほうが修行してるように見える。しかし最後、まどかは菩薩から如来へと進化する。その答えは、ほむらにある。ほむらがセッセとまどかの為に働いて、助けていたのには訳がある。それは、空海の言う不二の思想だ。元々、まどかとほむらは、ひとつの魂なのだ。敢えて分離して、違う体験を別々の人格として積んでいた。元々同じ魂だからこそ、あれだけ信じられ、特別な関係になれたのだ。表層意識を見ただけでは捉えきれない秘密がある。究極は自作自演なのだ。本人すらも忘れてしまう自作自演が最強だ。


    ここからは余談だが、このアニメは萌え絵なので普通の方には抵抗があるだろう。この萌えという言葉は時代を象徴していた。そしてその「萌え」と同じ音の名前を持つ、私の妻の「もえ」は確実に時代魂だ。萌え要素としては欠かせない天然ボケもあった。今後が楽しみだ。

    そして、萌えの聖地の秋葉原を拠点としてブレイクしたAKB48。面白いことを教えよう。私の結婚式の撮影の仕切りをしてくれていたのが、今のAKBの社長だ。当時は自分でも撮ってくれていたが、写真関係の社長でまだAKBがスタートする前だ。こうした不思議な繋がりが時代魂の特徴でもある。だから時代の裏側を知ることができるのだ。



    【2011.05.11 Wednesday 23:11】 author : oz
    | 映画 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    暁美ほむら

    「けみ」を50音で1つ前に戻す

    悪魔ほむら

    ん〜おもしろい!!
    | Azuma | 2013/10/30 1:29 AM |
    ぼくはこの記事が一番好きですね。
    内容も酸いも甘いも書かれているのと、コメントが、みんなが協力し合ってるなって感じなので。

    先日福岡に行った際に、HKT48の劇場に行きました。その前日に、弟が深夜のケーブルTVで見ていたのが、まど☆マギ。

    ちょうど、9話でした。世間的には10話がカギと言われていますが、ぼくが特に気になったのはオープニングでした。

    まどかが、音楽と共に魔法少女になる時、となりにもうひとりの、大人のまどかがいます。

    これは、最終話で、まどかが、如来になった際に、時空を超えたところで、自らの魂をも救ったことを表しています。

    未来の自意識が、自らを魔法少女に変えたとも言えます。
    まどかはカバラ数秘術で言えば、1です。

    AKB48で例えれば、前田敦子さんだったということなのでしょうか。

    1の役割は、究極の自己犠牲の幻を大衆に見せることです。
    彼女の魂の乱れは、崩壊する直前まで、同魂であるほむらにしか見えませんでした。

    祖父が25回忌を迎えました。
    muneも、やりたいようにやったのだから本望でしょう。
    | tatsuya | 2012/11/28 1:08 AM |
    何事も人間の欲、欲求が基本と考えています。

    まどか☆マギカのヒットも私は

    時代の欲求と私は考えます。
    | てれくら | 2011/06/07 4:23 PM |
    愛を感じるとき
    捧げものを受け取るようだ。

    啓発の偽りの愛なら
    操られて重力を感じる。

    ほむらの愛には、自由を感じる。
    まるで無重力だ。

    | LEE | 2011/06/06 1:00 AM |
    ずっと考えているんです。
    ほむらとまどかの事を

    ほむらは、如来の性質があると思います。そしてインキュベーターとほむら とまどか は三位一体だったように思います。

    +と−
    男と女
    上と下

    なぜ、ひとつの魂が、不二の魂 別々の体 経験、 ほむら が まどか を如来にしたのか。


    ほむらを思うと苦しみと切なさで、いっぱいになります。

    DVDは見ていないんですが。

    引っかかって、頭から離れません。
    もっと、詳しく教えてください。

    | リー | 2011/05/24 11:29 PM |
    ブログアップありがとうございます。内容に圧倒されました。
    すごい作品だと感じてはいましたが、如来と菩薩・・・腹落ちしました。

    インキュベーターの存在は完全に魔界の仕組みだと思っていました…。
    まだまだ一面的な理解をしていました。「魔法」「契約」という言葉に、
    超常現象(魔法)は契約(魂と引き換え)で得られる的な概念がありました。
    まどかとほむらの魂がもともと一つである描写はありますね。(ソウルジェムの色が同じ紫色)
    | Shun | 2011/05/19 7:29 PM |
    尾関さんとmuneさんのおっしゃる意味をよく考えてみました。それは「如来」についてです。
    尾関さん曰わく「空海の言う不二。元々、まどかとほむらは、ひとつの魂。敢えて分離、違う体験を別々の人格として積。秘密がある。究極は自作自演。本人すらも忘れ…最強だ。」
    この「厳格な愛」に達するには、少なくとも、“とてつもない感情”を経験することが必要であるように感じます。
    言い換えるなら、「強烈な感情」や「強烈な感情の動き」という感じです。

    途中からmuneさんです。
    「厳しさ」は「敢えて」
    「敢えて生まれてきて」と「敢えて叱る」「敢えて会わない」「敢えて分離」敢えて何かすることはとてつもない愛だなと思います。
    クリシュナムルティ曰わく「経験は共感なくして有り得ない」(?)といいます。
    「人は問題に抵抗するが、問題に共感したときに問題は消える」とも確か言っていました。

    太陽と月
    菩薩と如来

    あぁ、明日もう一度深めてみます。お休みなさい。
    | LEE | 2011/05/13 1:02 AM |
    「魔法少女まどか☆マギカ」は1週間前に2度観させていただきました。


    インキュベーターが如来であり 魔法少女が菩薩である、ということは、形式的な捉え方の部分では理解できたのですが、
    本当にインキュベーターが如来であったのかどうか、ということには疑問を感じました。


    僕がもっている、如来への一番のイメージは、
    ひとつの言葉で表現するならば、「厳格な愛」です。

    僕の直感ですが、
    この「厳格な愛」に達するには、少なくとも、
    “とてつもない感情”を経験することが必要であるように感じます。

    言い換えるなら、
    「強烈な感情」や「強烈な感情の動き」という感じです。


    インキュベーターがやっていたコトは、如来的役割ではあっても、その行動に「厳格な愛」は全く感じませんでした。
    実際、インキュベーターは、「人間の感情は全く理解できない」と言い張っていました。

    人間の感情を理解できない存在が、「厳格な愛」をもって行動することは不可能だと僕は思います。

    なので、インキュベーターは形式的な如来ではあっても、「真の如来」ではないと僕は感じました。


    P.S.
    今回の記事がなぜこの日のこの時間になっているのか、とても興味深いと感じています。
    | mune | 2011/05/12 7:27 AM |
    なるほど…ちょっと時間作って観てみます
    | もっちゃん | 2011/05/11 11:25 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://ozeki.fa-fa.com/trackback/1355978
    トラックバック