旧 日々、菩薩の道
 
<< 時代とタイミング | main | 自分が原点になる覚悟 >>
徹底の先に愛がある
0
    台風のエネルギーは凄い。破壊もするし、浄化もする。台風がなければ助かる事もあれば、来なければ困る事もある。短期的には台風はなければ良い。長期的には台風がなくては困るだ。影響力がある存在は善悪を超える。天使も悪魔も半端な状態が一番たちが悪い。助けられもせず、かといって破壊も出来ないようでは中途半端な状態が続いていく。

    世の中の大半の人は、中途半端な状態が良いと思っている。中途半端とバランスが取れている状態は似ているように見える。中途半端なのか?バランスが取れているのか?自分だけでは判断が難しい。

    現代では、個人主義、自由主義が正しいものだと大半が受け入れている。絶対的な正義などはない。自分一人だけ、個人だけの幸せを追求しても、分かち合えなければムナしいだけである。一人の満足は小さな自己満足にすぎない。かといって、自分一人の満足を追求するなというのでもない。

    繋がりのある状態で、自分の持ち場を極めていく。繋がりのない状態では、自分が中途半端なのか?バランスがどうなのか?も見えてこない。お互い、真剣勝負の眼があるから磨かれる。普通の会社ではどうしても上下関係が出て来て遠慮が出てしまう。また、普通の組織は上下関係がなければ収拾がつかなくなる。だから、立場の上下関係でなく、持ち場と意識によって創られる関係は難しい。難しいからこそ価値がある。

    どんな関係で繋がっているのか?お金なのか?情なのか?大義なのか?愛なのか?
    それぞれにメリット、デメリットがある。使い分けられる人は少ない。とことん徹底的にどんな立場も極める事で、他の立場も見えてくる。徹底できなければ、天使が大天使へと進化する事はない。大天使と大悪魔は同じようなものだ。それぞれ力量がなければつとまらない。

    徹底と言えば、かつて「いい人が飛躍できない理由」で書いた事だ。そのとき、トムクルーズの話しを書いた。そのトムは今年離婚をした。彼は徹底している。歴代の奥さんとかつての彼女を含め7人連続で同じ事を実行している。普通は情が入るものだ。情との戦いは苦しいものがある。なかなか出来る事ではないが彼は徹底して実行している。その詳細は敢えてここでは書かない。

    破壊がなければ創造もない。日本全体が破壊を待っている。政治で言えば、議会制民主主義が限界に来ているのではないか?多数決がすべて正しいわけではない。どういう政治体制が機能するのか?経済的視点から見て資本主義は限界ではないか?金融はどうあるべきなのか?そもそも日本とはどうあるべきなのか?日本文化とは何か?根本から問うべき時代だと感じる。日本から見たら悪霊に見える国も、変化のためには必要なのだ。

    自分たちは、来るべき時代の為の雛形を作っている。実践を通して学ぶしかない。家族のあり方も含めて、新たな生き方が問われている。いま当たり前と思っているスタイルは当たり前でなくなる。

    ただでさえ、人口構造が代わるのだ。時代が変われば、考え方も変わらなければついていけない。目の前の事を徹底する事でそのヒントは見えてくる。短期ではなく、長い眼で物事を見なければ先は見通せない。見る目がなければ、どんな苦労も報われない。誰もが持っている直感と言う心の眼に従う事で道は開ける。

    徹底して自分の心に従えば、途中の状態はどうあれ、最後は必ず
    「終わりよければすべて良し」になる。途中良いけど終わり悪しより良いではないか。
    【2012.08.30 Thursday 19:01】 author : oz
    | 知恵 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://ozeki.fa-fa.com/trackback/1356057
    トラックバック