旧 日々、菩薩の道
 
<< 因縁の世界 | main | 時の裁判所 >>
擬態
0
    時代の動きが速すぎて大変だ。なかなか落ち着いて書けない間に、随分と動きが出てきている。表面の動きに目くらましされて、気が付いたら大衆は誘導されているだろう。なぜ突然小沢氏の報道は消えたのか?このことだけ見ても、いかにメディアがある意図をもって動いていることがわかる。

    ミスチルに「擬態(ギタイ)」という歌がある。
    富を得た者はそうでない者より
    満たされてるって思ってるの!?
    障害を持つ者はそうでない者より
    不自由だって誰が決めんの!?
    目じゃないとこ
    耳じゃないどこかを使って見聞きをしなければ
    見落としてしまう
    何かに擬態したものばかり
    表面だけに捉われていたら、見落としてしまう。政治も経済も、表に出てくる情報だけを見ていたら本質はわからない。何かに擬態したものばかりだからだ。擬態とは、簡単にいえば偽の姿だ。本当の姿を隠して、偽の姿を本当だと思わせている。

    小沢が消えて、話題になっているのが橋下市長だろう。朝日との間にその出自をめぐって戦いをしていたのが新しい。彼の名前は、戸籍上はハシシタと読む。差別を嫌ってハシモトと自称している。数年前までは、彼がこのように政治の注目の的になるとはだれが想像しただろうか?

    弁護士だった彼が注目されたキッカケは、法廷に立つのが弁護士の華であるのに、示談専門の弁護士でやっていたことにある。弁護士なのに法廷に立たないのは面白いと注目されてテレビに出だした。仲間が昔、彼と番組をやっていたことがある。その時は大人しい人で、今のような攻撃的な姿は全く想像つかなかったと口を揃えて言う。

    一体何が彼を変えたのか?目立つ人間には試練が訪れる。人によっては、逮捕だったり、脱税だったりと国が影響力を行使する手段は色々ある。橋下氏も例にもれず、脱税で因縁づけされた。それがキッカケで彼は別人のように大きく変わっていった。

    本来なら今こそ小沢氏のように責められてもおかしくないはずだ。言いたい放題いっても、浮気がばれても、堂々と注目され続けている。さぁそこに何があるのか?

    いまや、彼にはSPといって、ソフトバンクとパソナがバックアップしている。パチンコのPでもある。資金力も付け、次の選挙では橋下旋風が起こるのではないかといわれている。さて本当にそうなるだろうか?

    選挙といえば小沢が強いという話はどこにいったのだろうか?面白いことに、橋下氏自身は選挙には出ないという。これは歴史上のある人物のやり方にそっくりである。わかるだろうか?歴史は繰り返すのか?彼が本当にあこがれている人は誰かわかるだろうか?

    一連の尖閣諸島問題の火付け役である石原都知事。彼はどこで尖閣諸島買い取りを発表したか知っているだろうか?わざわざアメリカにいって、ヘリテージ財団主催の講演会で言い出したのだ。この財団はどんな財団か調べてみたらいい。しかもその発表の数日前に、中国では薄熙来が攻撃されだした。関係ないと思うだろうか?じゃあなぜ、日本政府は尖閣国有化を盧溝橋事件の日に発表し、911に国有化したのか?9月18日は満州事変の日で問題となるはわかっていたのにだ。

    いまや、尖閣諸島では中国と揉め、竹島で韓国と揉め、北方領土ではロシアと揉め、日本の周囲はもはや敵しかいなくなっている。大東亜戦争前夜とそっくりではないか。まるでABCD包囲網の再来だ。もはや種はまかれてたのだ。いつ戦争という芽が出始めてもおかしくない。

    戦争したがっている人がいたとしたらどうだろう?少なくとも石原氏は戦争しなければならないという使命感に燃えている。腐った日本に活を入れるために戦争を望んでいるかもしれない。もしくは借金を帳消しにするためかもしれない。いずれにせよ、自分と同じ考えの人が当たり前で普通だと思わない方がいい。いつの世も、先を見通せる人間は少ない。少ないからこそ価値がある。大衆は数に惑わされる。

    質より量に走るのだ。質も量も揃えようとしたらすぐには出来ない。質はすぐには高まらないが、量はすぐに作れる。このBlogの読者は少ないが、その分真剣に読んでいる人が多い。コメントしづらいとよく言われるが、気軽に書けないからこそ、書かれたコメントには価値がある。その反面、アイドルのBlogは読者数もコメントも多いだろうが、中身はほとんどない。広告をして、アイドルのBlog並みに私のBlogが読まれたとしても、その価値がわかる人は少ないから、そんな無駄なことはしない。

    擬態を見破る眼力は、求める心によって導かれる。いまの空気を感じておくことだ。後で振り返って、とんでもない時代に生きていたと思う時が来るだろうから。


    【2012.10.31 Wednesday 10:16】 author : oz
    | 情報 | comments(4) | trackbacks(1) | - | - |
    この記事に関するコメント
    最近映画のような現実が続いて充実した毎日を送っています。

    いつも拝読させていただく時、コメントをしたくなったら、どうすれば、尾関さんたちの力になれるのだろうと工夫しています。

    ここからは、ぼくの現実です。

    ーーーーーーーーーーーーーー
    学校に通っていない、二人の外国人に日本語を教えています。
    としで言えば、中学生と高校生です。共に、家庭の事情で通学できない所を、伝道を通して導かれ、今に至ります。

    二人には、表には出てこない、心の闇があります。
    言で一口には表すことが憚られる程にです。
    祈るうちに、彼女たちの魂の中に、何か別のモノがあることが浮かびました。
    ぼくにとって、沖縄は、感じるには、余りにも感性が乏しかったのですが、こうして、約束を果たすことで、沖縄にいる人たちの労苦を、少しではありますが、悟ることができたことに感謝します。

    ここで、生誕のお祝いを申し上げても、既に、概念を超えておられるあなた様には野暮というものです。

    くれぐれも道中お気をつけて。

    参考資料
    The Matrix Revolutions
    Prometheus
    Ben-Hur
    Speed
    TIME
    悪の教典-序章-
    | ねお | 2012/11/06 11:59 PM |
    初めまして、いつも楽しみに、拝見しております。さて、日付の法則ですが、数字には、カバラでご存知のように、数字の魔力を持っており、その数字に合わせて動かなければ、全て、自分に災難が降りかかるとのことです。または、災厄を逃がす為、何かを実行しなければ、大きな災いとなる。その為に、必要となるものが数字です。私は、貴殿が、藤田小女姫女史を、ブログに書いておられたので、貴殿も霊感が強いとお見受けし、私は、その頃からの読者であります。貴殿が、沖縄におられることも、何かの作用が働いてのことだと思われます。答えは、すぐには、見つからないと思いますが、霊感の強い方は、神憑り的な事象が自分の周りで起き、体が自分のものではないよう
    な体験を致します。信じられないようですが、そんなものです。沖縄は、霊的には、強い場所なので、頑張ってください。さて、オリンピックは、石原氏が去った後に、東京に決まります。そして、飛行機の事故が起きそうな予感が致します。私のコメント、不都合であれば、削除してください。では、
    | 太陽 | 2012/11/06 7:17 AM |
    こんにちは。
    仰る通り、親米勢力を中心に憲法改正に向かっています。
    子供達の明るい未来の為に、この流れをウォッチして行くのが私達の使命だと思います。
    とんでもない時代を穏やかで平和な未来へと導くリーダー達を守らなければなりませんし、それ以前に擬態を見破る力を養う事が必要ですよね。
    非常に厳しい状況ですが、本質求める心で今の難局を語れる仲間を増やして行く事が打開策の一つであるような気がしています。
    | コウセイ | 2012/11/04 2:18 AM |
    こんばんはー!橋下さん、心配ですねーって私が心配してもしょうがないけど、、
    人は上り調子になると忠告してくれる人が少なくなるし、耳も貸さなくなる。
    これからが自分で自分を正しい道へ進めるための山越えが始まるんだろうけど、どうしてか正義を忘れてコースアウトする人の多いこと。。
    見てて胸が痛むのと自分への戒めになります。。
    | mamemin | 2012/11/02 2:18 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://ozeki.fa-fa.com/trackback/1356062
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2012/11/03 7:29 PM |