旧 日々、菩薩の道
 
プロ野球キャンプの恩恵
0
    2011年春から巨人が沖縄でキャンプをする。これですべての球団が沖縄でキャンプをすることになる。巨人は長く宮崎でキャンプを行ってきた。それが全部ではないにしろ沖縄に移ってくることの意味は大きい。

    普通であれば、使い慣れた場所で、気心知れた場所から移りたくないものだ。いま那覇の近くに新型半ドームを作っていて、そちらに移ってくるのだ。どれほどの恩恵が約束されたのか想像に難くない。

    宮崎にしてみたら、なんで沖縄ばっかりと嘆きたいであろう。どんなに努力しても、いろんな応援が沖縄にはあり、特に政治的な力が働くので、それをわかっているからこそ、東国原知事や橋下知事は、中央政界に色目を使うのだ。

    話は変わって、球団を誘致するというハードの話は官僚チームにお任せするとして、我々も密かに沖縄とのご縁を持つ人を増やすべく活動してきた。最初は、私の周囲の経営者から始まり、サラリーマン、学生、アーティスト、俳優女優、そしてスポーツ選手と幅広い分野の人々とジョイントをしてきた。

    沖縄でキャンプすることもあって、スポーツ選手の中で野球関係者は特に自主トレも沖縄で行う方も多い。いま密かに沖縄での修業が流行ってきている。誰とは言わないが、沖縄で修業してくると話している人は多い。

    沖縄で人生を変える体験をした人は、一生この地を忘れられないだろう。これはソフトな沖縄誘致の究極である。

    沖縄カジノ構想も急浮上してきた。前からあるプランだが、今後、実力政治家の登場により、まんざらでなく一気に進む可能性がある。この辺が時代の指名場所、沖縄の面白いところだ。

    ますます、これから沖縄から目が離せない。
    【2009.12.22 Tuesday 22:16】 author : oz
    | 沖縄 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    沖縄独立
    0
      先日、霞ヶ関でとある高級官僚の方とお話をする機会がありました。もちろん、沖縄に関連している方ですが、その方が以下のようなことを熱くおっしゃっていました。

      「今話題になっている米軍基地問題における日米関係問題なんていうものは、日本国のこれからの難題のほんの一部分に過ぎず、これからは政治・経済が激変する歴史的な始まりだ!その表に出ている問題だけではなく、裏もよまなければならない!日本の全ての問題は、沖縄の問題で縮図化され(表舞台)キッカケになっていく。」と。

      私も同意見でしたので、その方とはかなり時間をオーバーして、熱く深い話をしてしまいました。

      そんな中でひときわ興味深い話が、「沖縄独立」の話でした。民主党は結党以来、沖縄政策に力を入れて取り組んでいます。そして、民主党が掲げる「沖縄ビジョン」のもとに、今後の日本を左右するビジョンが含まれています。

      その中では、沖縄の自立を「地域主権のパイロット・ケース」と位置付けています。つまり、地方主権や外交のモデルケースを沖縄に創ろう、ということですね。

      今までは、中央官僚に依存する制度になっているため、その政権下での地方主権は不可能に近いものでした。また地方としても人材難など受け皿の問題もありました。しかし、これからは上からの地方主権でなく、下から民間人が権力を奪うくらいのソフト革命を起こすような展開になるでしょう。

      といっても、前時代的なイメージがするような「流血革命」ではなく、今の時代に合致したソフト革命を起こせる人材が求められています。

      そのために我々は「ジョイント」という、本土と沖縄を繋ぐ潜在能力開発プログラムを推進しています。よく誤解を受けますが、これは単なる啓発プログラムではまったくありません。ここで、既成概念の枠組みから自由になり、本来の使命に目覚めた人たちが、ソフト革命を起こすことができるのだと断言します。

      「本当に時代の風を感じ、沖縄のことを想い、日本や世界のことを想う人たちが世の中で必要とされる時代だ!」今私の周りには、その「想い」を持った半端ではない仲間たちの繋がりが、自然にどんどん集まっています。ビットバレーの始まりの時の百倍のパワーを実感しています。

      私はこの動きが、日本が求めていたものになることを確信しています。

      このブログを読んでいる人すべてにチャンスがあります。熱いエネルギーをぶつけて下さい!本気で求めるなら、チャンスはいくらでもあります。求めなければ何のチャンスも訪れません。菩薩の世界は、真に何一つ矛盾のない世界です。
      【2009.12.11 Friday 14:17】 author : oz
      | 沖縄 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      沖縄米軍基地問題の表と裏
      0
        先日まで私は沖縄にいたのですが、いま世間で最も話題となっている普天間基地問題について、その渦中にいる、ある人物とお話をする機会をいただきました。

        世に出ている様々なニュースでは、辺野古への移設、県外移設、嘉手納統合、などの案があります。今一番の有力候補として、「普天間基地を移設しない」という選択肢が出てきているそうです。次に嘉手納統合か県外の飛行場(関空や各地の採算割れの活性化策)案です。

        普天間基地という場所は、住宅街に囲まれており、飛行機やヘリコプターが離発着するにはとても危険な場所です。ですから普段は離発着させずに有事の際にだけ使えれば良いのではないか?という考えが移設しない案です。

        米国側も普天間基地の危険性は認識しており、むしろかなり昔から閉鎖、返還を考えていました。(逆にそれでは困る日本側が留めさせていた可能性のほうが高いですね。)

        というのも、やはり普天間基地返還後はその土地はどうなるのか?という日本側(沖縄県や宜野湾市)のビジョンの欠落や、安保の問題があるようです。また、軍用地主にとって、基地が返還されてしまったら、土地代が入らなくなる。正確に言えば、返還後3年間は補償されますが、そこから約十年の開発期間がかかる。最初の3年間でその土地が優良なものになるビジョンはまずあり得ません(那覇新都心、小禄とは立地、時代も違う)。

        軍用地は今のところ沖縄(以外の方にとっても)の投資物件としてこれほど安定したものはありません。

        要はこういった理由(本音と建前)で、基地の移設を反対する方々もいるわけですから、みんなの意見を聞いていたら問題が解決するわけがないのです。この米軍基地問題に関しては、自分の損得だけを考えて、賛成・反対を言う関係者がほとんどでしょう。

        沖縄県民130万の人口の内、約27000人が軍用地主です。しかもその数パーセントの地主が90パーセント以上の土地を所有しています。(世界経済と似ていますね)また軍用地投資は、県外投資家の美味しいマーケットです。ちなみに普通の那覇の市民で私の知っている軍用地主の方はほとんどいません(恩恵なし)。

        逆に郊外の豪邸や毎日パチンコ、スロットされている方々のほとんどは軍用地主の方々かな??とも‥

        さて、話が逸れましたが、では、普天間基地をそのまま残すとして、そこで普段訓練していた海兵隊はどうなるのでしょうか?ちなみに軍事基地は有事を基本に全て作られ、訓練をしています。何十年何百年に一度の戦ありきです。万に一つの可能性の為に日々訓練や投資が行われています。継続が欠けると投資効果が悪くなります。どこかで訓練はしなくてはいけません。

        ということで、嘉手納統合という案があります。嘉手納町の83%が基地ですから、かなり広大な土地を占領しています。そこに海兵隊も移動してもらおう、と。しかし、これに対して米国政府は拒んでいます。政府というか、軍が拒んでいるわけです。

        その理由として、表向きは「米国空軍と海兵隊の、飛行技術レベルの違いによる危険性」と言っているようですが、本当の理由は空軍側からの「なぜ俺たちエリート空軍が、海兵隊の猿と一緒にならなきゃいけねーんだよ!」という、階級意識、感情問題なわけです。

        まあ、このことは日本側もそうなることは予想できていたわけで、ではなぜこの嘉手納統合案を表に出したか?ということに尽きるわけです。嘉手納統合と聞いて、なにか違和感を感じる人もいるのではないでしょうか。私はこう思いました。

        「基地って沖縄の土地を最大限有効活用してるんじゃないの?そんなに余ってる土地があるの?」と。

        要は、嘉手納統合案を表に出したのは、裏の意味として、「嘉手納基地って普天間基地がそのまま移設できるくらい広大な遊休の土地が眠ってるんだよ。これってどうなの?」というメッセージを伝えたかっただけなのではないか。(後に民意を操作するための布石ってやつです。)

        宜野湾市を拠点にされている政治家さんの話では、「海兵隊のグアム移転が司令部中心というのは間違い。沖縄海兵隊の主要な部隊が一体的にグアムへ移転する。普天間飛行場の海兵隊ヘリ部隊も含まれる。」と言っていました。

        あれ?じゃあなぜ辺野古案があったの?という疑問が湧いてきますね。米軍は出たがってるじゃん、と。

        普天間基地問題は、日本の安全保障の問題というより、完全に国内問題で、要は経済の問題ということです。

        同じ様に、橋本大阪府知事の関空案もきっと本音は予算、つまり経済(お金)ですね。人間はみんな背に腹は変えられない、と・・・、利益だけで手を上げるとどうなりますかねー。

        しかも来年の参議選の絡みでの本音と建前‥等々。まだまだ、普天間米軍基地問題に関してはこれからも目が離せませんね。
        【2009.12.08 Tuesday 21:33】 author : oz
        | 沖縄 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        出雲大社 沖縄分社
        0

          ある重大な仕事の前に、行ってきました沖縄にある
          出雲大社。初めて行ったのですが、感想は言えません・・・・。

          おみくじを引いたら大吉で、その後の仕事も上手くいったので
          よかったのですが、出雲と比べると・・・・・。

          何といっても参道が、、、写真はこれだ!
          続きを読む >>
          【2009.06.29 Monday 01:01】 author : oz
          | 沖縄 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          BLOG IT! from 平和へ願い込め「世界一大きな絵」 沖縄「慰霊の日」
          0
            asahi.com(朝日新聞社):平和へ願い込め「世界一大きな絵」 沖縄「慰霊の日」 - 社会
             慰霊の日を前に22日、同県南城市で、平和への願いを込めた「世界一大きな絵」をつくろうというイベントがあった。同市内の幼稚園児ら約430人が参加、縦1メートル、幅5メートルの布12枚に思い思いの絵を描いた。保護者らが縫い合わせ、縦6メートル、幅10メートルの絵が披露された。


            クーピービックアートと似ているところもありご紹介。
            今日は、沖縄戦で亡くなった方々を慰霊する日です。

            牛島司令官が自決した日ということで今日に定められています。
            これにより組織的戦闘は終了というものの、これ以後も、
            住民は犠牲になり、9月7日の正式降伏文書調印まで続きました。

            いろんな思いがあり本日に制定されたのでしょう。
            詳しい経緯は知りませんが、この日だけは今も続く安全保障を
            沖縄が担っていることを意識して欲しいです。

            【2009.06.23 Tuesday 09:34】 author : oz
            | 沖縄 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            Birth Lilac OPEN!
            0

              以前紹介した読谷村のカフェが、Birth Lilac(ライラック)となり
              OPENいたしました!!めでたいめでたい!
              http://birth-okinawa.com/


              製作した新たな看板。58号線から見えるところに設置されます。

              記念すべき、お客様第一号は、ミュージシャンのこの方!
              http://birthlilac.ti-da.net/e2459830.html

              ここの売りは、手作りの庭と洞窟!!
              本当に全部手作りです。皆の精魂込めた念が入っていて
              雰囲気がいいですよ。是非ご覧下さいませ。

              名護まで来るのは辛いというあなた、読谷村までなら来れるでしょう!
              是非、お待ちしておりまーーす!!


              【2009.06.05 Friday 23:45】 author : oz
              | 沖縄 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
              BLOG IT! from bjリーグ、琉球キングス日本一 
              0
                【電子号外】bjリーグ、キングス日本一 東京に89―82 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
                プロバスケットボールbjリーグの琉球ゴールデンキングスは17日、東京・有明コロシアムで東京アパッチとリーグ優勝決定戦を行い、89―82で勝ち、初優勝を飾った。リーグ参入2年目のキングスは今シーズン、開幕から9連勝を飾るなど、西地区の首位を独走し、リーグ歴代最高勝率の41勝11敗でレギュラーシーズンを終えた。


                大塚社長おめでとう!!
                設立前に会ったことが懐かしい。
                破竹の進撃でしたね。

                沖縄Power恐るべし!!

                琉球ゴールデンキングスと東北楽天ゴールデンイーグルス。
                どちらの社長もたまたま知ってますが、共通点は
                ゴールデンがどちらもついてる。ゴールデンはいいのかな?

                【2009.05.18 Monday 00:47】 author : oz
                | 沖縄 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                沖縄本土復帰記念日
                0
                  沖縄の日本入りから37年。
                  いろんなことがありました。

                  復帰の日生まれのJobwe佐藤氏、おめでとうございます!
                  年まで同じとは縁がありますねー。
                  彼とは、会社を創業した日が同じというご縁もあります。

                  40年の節目に向けて、貢献できたら幸いです。
                  【2009.05.15 Friday 11:15】 author : oz
                  | 沖縄 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  沖縄感謝の夕べ
                  0
                    1年とはあっという間ですなー。
                    2009012917374120090129173741 posted by (C)ふぁーふぁ

                    昨年と同じ壁紙ですね。
                    2009012918501720090129185017 posted by (C)ふぁーふぁ

                    この氷のシーサーはすごかった!
                    2009012918513320090129185133 posted by (C)ふぁーふぁ

                    今年もやるぞーという気持ちになりました。
                    関係者各位ありがとうございました!

                    【2009.01.29 Thursday 22:37】 author : oz
                    | 沖縄 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    BLOG IT! from 水道工事中に不発弾爆発-琉球新報
                    0
                      糸満市小波蔵で水道工事中に不発弾爆発 2人が重軽傷 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
                      14日午前8時20分ごろ、糸満市小波蔵321番地付近の歩道で、建設業従業員の古波蔵純さん(25)=豊見城市宜保=が水道工事のため重機で掘削作業中、突然爆発が起こった。糸満署によると、作業中の重機が土中に埋まっていた不発弾に接触し、爆発した可能性が高いという。


                      これが沖縄の現実です。いまだに戦争の影響を受けているのです。
                      爆発の影響で近くにあった施設の窓ガラスが104枚割れ、
                      街灯が傾いたといいます。凄まじいです。

                      こういう日常にさらされていたら、どんな感情を持つか想像できません。

                      別の記事によると、不発弾処理が完全に終わるには今のペースでは、
                      80年かかるとのこと。推定500トンも残っているという。

                      処理する自衛隊の人たちの心労も大変なことです。
                      東京に居たら感じない沖縄の現実ですね。

                      【2009.01.15 Thursday 05:47】 author : oz
                      | 沖縄 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |