旧 日々、菩薩の道
 
菩薩ファンドはじめました!
0
    以前、「本当の投資とは」で、投資の本質について触れました。更に「特別な投資をされたい人へ」という内容で、特別な投資について説明した。そして、「仕事の本当の意味」で菩薩の仕事を書いてきました。

    その上で、AMEMIYAさん風にタイトルを読んで見てね。
    想いを込めて「菩薩ファンドはじめました!」なんです。

    そうです。いよいよ投資活動を解禁します。この冷やし中華のように、ここまで来るのに語り尽くせない物語がありました。かつての自分は、なんとなく話しもたくさん来るし、頼ってくる人を助けたいからという安易な気持ちで、投資したり人を紹介したりしていました。

    そのツケを学んだ6年間でした。人の行動、行為には作用・反作用があるのです。そして、お金という物質にも、見えない作用があることを学びました。「一石三鳥」などもその学んだことの一つです。

    そうした経験を踏まえて、今だからこそ、あえて投資活動を積極的に行なっていきたいと考えています。元気がなく、先が見えない社会だからこそ、希望の光を発していきます。

    心の修行を重ねてきて、自分たちの価値観を共有できる仲間も増えました。敵味方もハッキリと別れてきた今だからこそ、想いのある人たちとトコトンやります。受け止める土壌ができたので、後はその土壌に種を植えたり、移植したりと生態系を創っていくイメージです。

    土づくりが一番難しいのです。それをせずに、いい苗をとりに行っても無駄なのです。そして、どこにその種や苗を配置するか、美意識が問われてくるのです。オウムなどは美意識がないために、あんな結果となったのです。センスは大事です。イケてるか、イケてないかを見抜く意識につながってきます。

    ITだろうと、飲食だろうと、アパレルだろうと、結局はどんな投資案件でさえも、どんな人かということにつきます。自分たちは、人との信頼関係の作り方、潜在能力の開花の仕方など、数多くの経験を積んできた実績があります。

    自分を応援してくれている人たちは、資産家から学生まで幅広く、かつジャンルを問わず存在しています。世界が違う人間同士は普通なら繋がることはありません。違うからこそ、新たな価値が創造できるのです。

    自分を信頼してくれている資産家たちと組んで、新しい特別な投資の仕方をしていきます。目に見える形がないと信じられない人もいます。そういう人たちにとってはわかりやすくなるでしょう。そこを入り口にして、真理を求めるキッカケとなれば幸いです。

    我こそは特別な投資をされたいという人がいたら、門を叩いてください。精神的にも物質的にも豊かなコミュニティを築いてきたので、あとはこれを広げていくだけです。ひな形は完成したので、解禁します。今年は攻めていきます。お楽しみに!
    【2012.01.24 Tuesday 14:04】 author : oz
    | お知らせ | comments(1) | trackbacks(1) | - | - |
    特別な投資をされたい人へ
    0
      この記事は、題名通り「特別な投資をされたい人」のための記事であり、それ以外の人は誤解してしまうかもしれないが、できるだけ本質だけを読み取ってほしい。

      「菩薩の仕事」でも少し触れたが、投資されたい人、つまり「資産を持たない者」へ、その極意をお教えしようと思う。

      勘違いしないでほしいが、「お金を流す」ことが菩薩の仕事ではない。ここでは、「特別な投資」の話で、普通の世界の金融業界的投資の話ではない。その本質を感じ取ってほしい。

      まず大前提として、お金の世界の矛盾を頭に叩き込むことが重要だ。
      「資産を持つ者」は、お金など求めていない。つまり、すでにお金に興味はない。
      「資産を持たない者」は、お金を求める。つまり、お金にものすごい興味がある。(気をつけるべきは、ベンチャーキャピタルやファンドなどは投資する側だが「資産を持たない者」だ。)

      つまり、両者は、まったくと言っていいほど違う世界に生きており、その両者の世界では、「常識」というものが全く異なるのである。だから、「持つ者」と「持たない者」がお互いの世界の常識で話をしたとしても、かみ合うはずがない。

      例えば、「持たない者」が投資をしてほしい!と考えたときに行うプレゼンなるもの。そのプレゼンは、自分が考えた事業が如何に儲かるか!を根拠をつけて説明したものである。

      しかし、そんなものには何の意味もない。「持つ者」は、儲かろうが儲かるまいが知ったこっちゃない。

      だから、その人がどんなに一生懸命お金が儲かるかを説明しても、興味がない。プレゼンが終わったときには、「・・・で?」という感覚しか抱かないのだ。ただ単に、「また儲け話か、つまらないな」と取られるだけだ。

      プレゼンした人のほうも、「反応が薄いな、何か気に障ったかな?」と意味がわからない。ものすごい頑張って考えたプレゼンに対して、全く反応が薄いのだから。そして、プレゼンの何が悪かったのかを探そうとする。そこに正解はない。

      また、「社会貢献」という言葉も一つ気をつけなければならない罠である。「社会に貢献するために!」という大義名分を持って、事業を説明してくる人が多い。

      実際、本当に社会のために!と思っている人もいるのだろう。しかし、「資産を持つ者」にとって、「社会貢献」などはどうでも良く、興味がない。というよりも、本当におもしろい事業であれば、「社会貢献」などという大義名分を持ち出さなくても、それが社会貢献に繋がることを知っているのだ。だから、「社会貢献」を堂々と表に出して事業をやろうとする人が、「嘘」をついていることも知っている。(こんなことを言うと、「みんながみんなそうではない!」と反駁されそうだが、それも正しい。これは「資産を持つ者」の視点であり、それが良いか悪か、という議論に意味はない。)

      では本題に入ろう。どうしたら「資産を持つ者」から特別な投資をしてもらえるのだろうか。

      簡単なことだ。「資産を持つ者」が何を求めているのかをわかれば良い。間違ってもお金ではない。

      だが、これが意外と難しい。「資産を持つ者」の世界は、「持たない者」の世界とは全く違うので、普通の「常識」や「概念」は通用しない。ある人間が全く違う世界の常識や概念を身につけるのは相当難しい。いや、難しいというよりも、「勇気がいる。」なぜなら、今まで自分が生きてきた常識や概念を一度ぶち壊さなければならないからだ。自分の生きてきた人生を全て否定する、と言ってもいいし、自分が今まで培ってきたもの全てを捨てる、と言い変えても良い。

      それには、相当の「勇気」と「覚悟」がいる。半端に何かを身につけてしまった人のほうが、抜け出せなかったりする。

      まずここで、「自分の人生を否定できない」人は、脱落するしかない。次に「自分が培ってきたことを捨てることができない」人も、脱落するしかない。一生、自分の世界だけで小さく縮こまって生きていくしかない。

      そして、自分の人生の否定を行い、培ったものを捨て、常識や概念をぶち壊した人間にしかいけない領域がある。そこでは、不思議なことに、今までの自分の人生、培ってきたもの、常識や概念が全て活きてくるのだ。

      一見、矛盾しているように思えるが、何の矛盾もなくそうなのだから仕方ない。

      それが、私がいつも言う「特別な世界」であり、それを求めている人を繋げるのが、「菩薩の仕事」なのだ。

      話を戻すと、その世界では「資産を持つ者」が求めているモノが手に取るようにわかる。普通の世界の常識や概念を超えた世界だからだ。だから、自分の常識や概念を捨てられない人に、特別な投資は100%ない!と断言する。

      逆に、自分の常識や概念をぶち壊し、特別な世界の法則を掴んだ人間は、100%特別な投資がある!と断言できる。

      そして、この「特別な投資」というモノが、お金だけではない、ということを言えば、少しはこの記事の本質が伝わるだろうか。

      その本質がこの菩薩ブログの至るところにちりばめられている。全ては用意されているのだ。

      常識や概念をぶち壊す方法もあるし、特別な世界の法則を掴んでいる人もいるし、それを実践するための「資産を持つ者」も大勢いる。

      正直、みんななぜ飛び込んでこないのか、不思議でしょうがない。自分ももっと菩薩の仕事を加速して行わなければ!!
      【2010.03.31 Wednesday 12:37】 author : oz
      | 仕事 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |